Crazy Moon Blog

PBCと戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嘘の練習

またもや、酒井冬雪氏のコラム「職場のモテ男になるコミュニケーション術」 からです。
第6回 ウソをつかなければならないときは? by Nikkei BP
http://premium.nikkeibp.co.jp/mail-sol/column/sakai/06/index.shtml

男性の嘘が、女性から見るとバレバレであるのは、今に始まったことじゃありません。
私などから見ると、マジでばれないと思ってる方が不思議なくらいです。
少なくとも、対面ではバレバレ、コラムに書いてあるように、まさしく「顔に書いて」あります。

そして、男性の嘘と女性の嘘の違いとして、女性は嘘を吐くと決めたら、頭の中でその嘘をバックアップする仮想ストーリーを創り上げるということがあげてあります。
というか、こんなもん当たり前だと思ってましたが、そうか、男性はこれをしないんですね。
だから、辻褄の合わない嘘を吐くことになるって訳でしたか。

で、ふと思ったのが、これってPBCにも言えることだなあと。
別に男性PL、女性PLってことではなく、Cの設定や過去のロールと現在の状況の辻褄合わせをする、あるいは、ちょっと無理のあるシチュにCを投入するとか、らしくない行動をCにさせる時の口実を考えるということです。
私がこういうことをする場合、嘘を吐く時と全く同じ作業を頭の中でするのです。

む、ソロさん発見!
しかし、この場に現れそうなCがいない。
どうする?
現れる理由を作ればいい。
そこで、その日のCの行動を頭の中でシミュレーション。
こうしてこうして…ふむ、ここで予想外のアクシデントが起こったことにすれば、その後始末として、ここに現れることが出来る。
そういう事情で現れたなら、最初はこんな状態のはず、こういうことをしたいと思っているはず…etc.
頭の中で、現れるまでのCの一日がシミュレートできたら投入です。

Cとして自然でありがちな一日から、ちょっと変わった一日へのリンク部分を、もっとも自然に乗り換えられる箇所を探して、そこを繋ぐ出来事を創り上げ、その延長としてロールをします。

こういう作業は、PBC好きな人なら、本来男女問わず得意な人が多いのじゃないかなと思います。
だって、PBCそのものが、言わば壮大な嘘です。
嘘を紡ぎ上げ、嘘の世界を楽しむ遊びなんですから。

そう考えると、PBCってリアルで嘘を吐くための練習にもなるのかもしれません(笑)
スポンサーサイト
  1. 2006/11/07(火) 16:42:48|
  2. PBC
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。